裁判離婚の費用

「裁判離婚」を行う場合、必ずしも弁護士に依頼しなければならないというわけではありません。しかしながら、裁判になった場合はやはり弁護士に依頼した方が良いでしょう。なぜなら、裁判で勝つためには色々な知識や能力が必要だからです。法律について詳しくない方が裁判に一人で挑んでも良い結果を期待することは簡単ではありません。

裁判離婚の場合、離婚請求料と切手代が必要になってきます。これらにかかる費用は、調停離婚に比べて高くなっています。また、この他にも財産分与や慰謝料請求についての費用も必要になります。そして、弁護士に依頼すればその費用の必要になります。相談料や着手金、報酬金、そして実費が含まれるのですが、合計してどれくらいの費用がかかるのかはケースバイケース。とは言え、80万円~100万円近く必要になってくることも少なくありません。また、裁判離婚の場合は決着するまでに1年以上かかることも多く、長い期間を要することも特徴です。

裁判離婚について経験実績の多い弁護士に相談して、納得できる解決を目指しましょう。法律に詳しくない方が多いと思いますが、そういった人に対しても分かりやすく説明してくれる人を見つけてください。

調停離婚の費用

費用のことなどを考えた時、一番良いのは二人でよく話し合って決定する「協議離婚」です。二人に離婚の意思があってお互いに納得してその手続きができますので、お金がかかることはまずありません。ではどんな時にお金が必要になってくるのかと言うと、「調停離婚」の場合か、或いは「裁判離婚」をする場合です。

調停離婚をする場合、必要になってくるのは、収入印紙や切手代、戸籍謄本などの発行にかかるお金です。これらにかかる費用は数千円程度ですから、それほど高額ではありません。しかし、弁護士にお願いする場合は、その費用がかかってきます。その為、弁護士に依頼することを迷う方もいらっしゃるのですが、依頼した場合のメリットは少なくありません。

特に、口下手な方や気持ちを上手にまとめて相手に伝えることが苦手だとおっしゃる方は、検討することをお勧めします。また、相手側が弁護士に依頼しているような場合、こちらも弁護士に依頼した方が安心できます。法律に詳しい専門家がいてくれた方が、気持ち的にも楽ですし話し合いもスムーズに進めやすくなるでしょう。内容についてしっかりと理解できていない状態で、同意してしまうといったことも防ぐことができます。

良い弁護士を選ぼう

生きていれば、色んなことがあるものです。所謂「青天の霹靂」のようなことに出くわすようなこともあるのかもしれません。そんな時は誰でも取り乱してしまったり冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。そんな時は、法律のプロである弁護士に相談することでよりスムーズに解決できます。

離婚する場合、話し合いで解決できるような時は特別な費用はいりません。いわば一番理想的な解決方法と言えるでしょう。しかしながら、話し合いで離婚できなかったり、離婚はできるけれど条件に納得できないといった場合は、調停離婚や場合によっては裁判離婚になります。調停離婚も裁判離婚であっても、弁護士に必ずしも頼む必要はありません。しかしながら、弁護士に依頼した方がよりスムーズに話し合いが進みやすく、不利になることを避けることもできます。特に、相手側が弁護士に依頼しているような時は、こちらも依頼することをお勧めします。専門知識が乏しい方は、どうしても不利になりやすい傾向があるからです。

参考資料〔弁護士への国際離婚・離婚相談なら小原法律特許事務所

また、弁護士は数多くいますが、その中で自分が良いと思う弁護士を見つけなければなりません。まずは誠意が感じられ、やる気がある人でなければなりません。次に、分かりやすく説明してくれる人、相性の良し悪しも気になります。そして、やはり離婚トラブルの実績が多い弁護士が良いと言えるでしょう。当サイトでは、離婚する時に弁護士に依頼する場合について紹介します。