裁判離婚の費用

「裁判離婚」を行う場合、必ずしも弁護士に依頼しなければならないというわけではありません。しかしながら、裁判になった場合はやはり弁護士に依頼した方が良いでしょう。なぜなら、裁判で勝つためには色々な知識や能力が必要だからです。法律について詳しくない方が裁判に一人で挑んでも良い結果を期待することは簡単ではありません。

裁判離婚の場合、離婚請求料と切手代が必要になってきます。これらにかかる費用は、調停離婚に比べて高くなっています。また、この他にも財産分与や慰謝料請求についての費用も必要になります。そして、弁護士に依頼すればその費用の必要になります。相談料や着手金、報酬金、そして実費が含まれるのですが、合計してどれくらいの費用がかかるのかはケースバイケース。とは言え、80万円~100万円近く必要になってくることも少なくありません。また、裁判離婚の場合は決着するまでに1年以上かかることも多く、長い期間を要することも特徴です。

裁判離婚について経験実績の多い弁護士に相談して、納得できる解決を目指しましょう。法律に詳しくない方が多いと思いますが、そういった人に対しても分かりやすく説明してくれる人を見つけてください。